企業、個人共に自立を求められる時代です。
1年後さえも予測できない21世紀。
そんな中でも企業や政府は経営目標の達成、業務改善、組織の維持がステークホルダーから求められます。
個人は自分のキャリアの構築、資産運用・形成を自分の判断力で行っていかなければなりません。
そんな時代に道標となるものの一つに『オペレーションズリサーチ』があります。
この考え方は、一言で言うと「問題を解決する手法」です。
このオペレーションズリサーチは第2次世界大戦時のイギリスで産声を上げ、戦後のアメリカで発展しました。
オペレーションズリサーチの手法を活用することにより、思いつきや場当たり的ではない、再現性のある問題解決の道が拓けます。 

NEWS

2017

6月24日(土)

会場セミナー『トレードステーションEasyLanguage1日集中セミナー』を開催します。

株式投資を自動化したい、でもプログラミングが難しそう、という方向けの1日で基本的なプログラミング方法が学べるセミナーです。

会場にPCを持ち込み、実習形式で自動売買システムの構築の仕方を学びます。

8月に中級編(株式自動運用実践編)を開催予定です。

トレードステーションEasyLanguage1日集中セミナー

5月17日(水)

会社案内をアップデートしました。ダウンロードの上、ご覧いただけます( PDF 7.5 MB)

インディ・パ会社概要170517.pdf

5月15日(月)

当社が日本代理店を行うイスラエル企業Tradency社の人工知能搭載ロボアドバイザーが楽天証券に採用されました。

プレスリリース:楽天証券、FX にロボ・アドバイザーを導入 ‐AI 技術が導き出した売買ストラテジーを自動で運用

プレスリリース:トレイデンシー:楽天証券が日本で初めてトレーデンシーのFX向けロボアドバイザー『ロボックス』の導入を決定

過去のニュース

事業概要

AIオペレーションズリサーチ

ORにAIの手法を組み入れたコンサルティング&ソリューションを提供します。

当社のオペレーションズリサーチの特徴は以下のとおりです。

  1. 数理工学的手法
  2. 定量的再現性のあるソリューション提供
  3. 独自アルゴリズム構築
  4. シミュレーション
  5. 人工知能(AI)特にディープラーニング等の機械学習を使用
  6. ビッグデータにも対応するデータ前処理・統計解析能力
  7. 独自確率モデルの構築
  8. プログラミング(主としてPython)によるエンジンモジュールの提供
 
 
 

金融工学ソリューション

金融工学の手法に基づく金融商品のアルゴリズム運用に関するソリューションを提供します。

  1. ロボトレーダー開発
  2. ポートフォリオモデル開発
  3. 確率モデルに基づくリスク管理と資金管理

金融取引プラットフォーム

主に日本国外ベンダーのシステムをローカライズし、金融機関に提供しています。

海外製金融プラットフォームをローカライズして使用するメリットは以下のとおりです。

  • 先進的な機能
  • ガラパゴスではない国際標準の仕様
  • リーズナブルな価格
  • バージョンアップのスピード

当社では以下の金融取引プラットフォームを提供しています。