コンセプト

企業、個人共に自己資産を自己運用することが重要です。
他人任せの運用では、元本を他人に減らされて戻ってくるだけです。
企業、個人共に一層のバランスシート管理、バランスシート活用への意識が求められています。
P/Lからだけではなく、B/Sから利益を獲得する発想への転換が必要です。
 
1990年代のコンピュータ技術の発展により、資産運用の世界でのコンピュータの活用が進展。
金融商品の取引自体をアルゴリズム(ロボ)の計算結果により行う手法が普及しました。
 
2010年代に入るとマーケットの取引高の70%以上がロボによる取引となっています。
この方向性が行き着くところは取引高シェア90%以上と予想します。
 
当社は資産運用の未来はアルゴリズムトレーディングにあると確信し、そのリソースをアルゴリズムの開発と運用に集中しています。
アルゴリズムの開発と運用には、複数の専門分野にまたがった知識と経験が必要です。
当社のメンバーは数学、確率論、統計学、ビッグデータ分析、金融市場における経験、トレーディング、コンピュータサイエンス、プログラミング技術、ファンド運用等の専門分野に精通しています。 
そのノウハウを自己運用(プロプライエタリ・トレード、略して『プロップ』、『プロップトレード』)に応用しています。
またアルゴリズムトレーディングのノウハウ・技術を投資助言としてサービス提供しています。

事業概要

ロボトレーダー開発

人間の感情を排除した資産取引を行うロボトレーダー

ロボトレーダーとは?

人間の感情、恣意を排除し、一定のルールに基いて金融商品の取引を行う仕組み
なぜシリアスな資産運用にロボトレーダーが必要か?
金融商品取引市場で人間の感情の赴くままの取引を行うと運に恵まれたごく一部の例外を除き、運用資産を減少させる
金融市場での取引は、基本的に人間の感情と反する行動を取ることが求められることは、これまで行動経済学の分野で様々な方法で証明事例が積み重ねられてきており自明
資産運用に再現性を持たせる
運任せ、感情任せからルールベースでの運用への移行
人間の意思決定はそのプロセスが不明であるブラックボックスことが多く投資家への説明責任が果たせない
運用に再現性を持たせることで、上場企業や年金基金、投資信託など株主や投資家への説明責任が果たせる

 

ポートフォリオモデル開発

確率モデルに基づくリスク管理と資金管理

資産運用においては、資産の増減に与えるインパクトは、リスク管理が90%と大きく、個々の取引が10%程度と小さい
実務上も金融商品の取引を行う際にポジションの数量を決める基準が無いと、リスクを取りすぎて1度の取引で大きく資産を減少させたり、逆に取らなすぎて収益機会を逃す
この事態を回避し予測可能なリスク内での資産運用を行うためには、リスク管理を定量化・アルゴリズム化し、ロボマネージャーによる自動運用が資産運用に対する予測可能性を生む
リスクを可視化することが法人や個人の余資運用の積極化のトリガーとなる
適切にリスク管理を行うことで、理論的には線形的な資産増加から指数関数的(幾何級数的、2次関数的)な資産増加のチャンスが存在
ロボマネージャーによるリスク管理プロセス

確率モデルに基づくリスク管理と資金管理を行うロボマネージャーサービス

資産運用におけるロボマネージャーによるリスク管理のメリット

資産運用においては、資産の増減に与えるインパクトは、リスク管理が90%と大きく、個々の取引が10%程度と小さい
実務上も金融商品の取引を行う際にポジションの数量を決める基準が無いと、リスクを取りすぎて1度の取引で大きく資産を減少させたり、逆に取らなすぎて収益機会を逃す
この事態を回避し予測可能なリスク内での資産運用を行うためには、リスク管理を定量化・アルゴリズム化し、ロボマネージャーによる自動運用が資産運用に対する予測可能性を生む
リスクを可視化することが法人や個人の余資運用の積極化のトリガーとなる
適切にリスク管理を行うことで、理論的には線形的な資産増加から指数関数的(幾何級数的、2次関数的)な資産増加のチャンスが存在
ロボマネージャーによるリスク管理プロセス

 

金融機関向けロボ資産運用システムの開発・ASPサービス

以下の金融商品取引プラットフォーム、インターフェイスのASPサービス提供

  • 選択型自動取引システム
    • ミラートレーダー(Tradency社開発)
  • 自動ポートフォリオ組成及び自動取引システム
    • ロボックス(Tradency社開発)
  • 世界シェアNo.1のバイナリーオプションプラットフォーム
    • SpotOption(SpotOption社開発)

世界標準の選択型ロボトレーダープラットフォーム/コンテンツ

ミラートレーダー

現在までの数百年間、人類は投資の意思決定を自分の限られた時間と知識、経験で行ってきた
「ミラートレーダー」は投資家のその行動原理を変えるもの
世界中のプロフェッショナルのトレーダーの投資手法を鏡に写すように「ミラー」し、ユーザーの口座で同じタイミングで金融商品を売買できる仕組みを世界で初めてイスラエルのTradency社が提供
2016年現在、ワールドワイドで約300,000人以上ものユーザーがミラートレーダーを利用
世界の金融機関約40社が導入

会社概要

会社情報

会社名

インディ・パ株式会社

設立 

2006年7月4日

所在地    

〒104-0028 

東京都中央区八重洲2-8-11 川京ビル2F

TEL    

03-4590-1379

E-Mail   

info@indepa.net

URL    

http://indepa.net

代表者    

代表取締役 本郷 喜千

事業内容  

データ分析コンサルティング

アルゴリズム・ソフトウェア開発・販売

投資助言代理業

ライセンス

投資助言・代理業 

関東財務局長(金商)第2333号

サイトについて

写真提供 イスラエル大使館

メンバー紹介

本郷 喜千 Yoshiyuki Hongo

インディ・パ株式会社代表取締役CEO。
本郷喜千写真

他人任せの運用の失敗をきっかけに自己でアルゴリズムトレーディングを実践。
実践の過程で統計学や確率論に興味を持ち、トレーディングを含むビジネスへの応用に気づく。
現在、選択型自動売買プラットフォームの分野で世界で最も普及している「ミラートレーダー」を開発するイスラエル企業Tradencyの日本代表を務める。
 

石崎 文雄 Fumio Ishizaki

京都大学大学院工学研究科応用システム科学専攻修了。
京都大学 博士(工学) 近畿大学理工学部電子工学科助手、徳島大学工学部知能情報工学科助手、 University of California,Irvine客員研究員、南山大学数理情報学部情報通信 学科助教授、Electronics and Telecommunications Research Institute(ETRI)招聘エンジニアリングスタッフ、南山大学数理情報学部情報 通信学科准教授、高麗大学数学科招聘准教授、南山大学数理情報学部情報通 信学科教授、南山大学情報理工学部システム創成工学科教授、東京工業大学 大学院情報理工学研究科非常勤講師などをつとめ、研究、教育業務等に従事 国内外の学術雑誌、会議録等に、主に応用確率、情報通信ネットワークの性能評価や制御、ORの分野で学術論文を発表。
現在、インディ・パ株式会社テクノロジーオフィサー、東京工業大学非常勤講師をつとめ、各種 データの統計解析、確率モデルの開発、検証および調査、シミュレータ、通信サービス、通信プロトコルの設計、開発、コンサルティング業務等を担当。
 

西村 岳央 Takeo Nishimura

トレード専用言語を備えている金融商品の自動トレーディングプラットフォームTradeStation, NinjaTrader, MetaTrader, Multi Charts等を自在に使いこなすアルゴリズムトレーディングのスペシャリスト。
米国株価指数先物、国内株価指数先物、外国為替、株価指数ETF、外国株式、国内株式等の金融分野のデータ解析とアルゴリズム開発を担当。

お問い合わせ