MESSAGE QUEUE

次世代コンテナオーケストレーション通信技術

KubeMQとは

Kubernetes専用メッセージプラットフォーム

KubeMQメッセージプラットホームは、Kubernetesネイティブな大規模企業向けメッセージブローカーであり、既製コネクタとコントロール・センターが付属しているメッセージ・キューです。 透明性あるハイブリッド・クラウドメッセージ、マイクロサービスインテグレーション、そして段階的な移行・統合(マイグレーション)を可能にします。

なぜ貴社のKubernetesにKubeMQを導入する必要があるのでしょうか?

理由その1: Kubernetesネイティブだから

クラウドネイティブのエコシステムにネイティブに接続
CNCF公認のKubernetesで実行
軽量なコンテナにインストール可能
革新的でモダンなメッセージ・キュー/メッセージ・ブローカー

理由その2: 使いやすいから

Kubernetesを1分以下でディプロイ可能
少数の開発者だけでシンプルに使いこなせる開発者フレンドリーなSDK
DevOps中心にエクスチェンジ、ブローカー、チャネル、ルート、定義済みトピックを定義可能

理由その3: すべてのメッセージパターンを網羅するから

キューストリーム、パブ・サブ、RPCを含む全てのメッセージパターンを利用可能
異なるケースに応じた複数のメッセージプラットフォームを維持するコストを削減

理由その4: ハイブリッド環境で利用できるから

複数の環境からのマイクロサービスの相互コミュニケーションにより①クラウド、②オンプレミス、③エッジ間のハイブリッド・インフラストラクチャーでのソリューション構築が可能

アーキテクチャのすべてのニーズを1つのプラットフォームで実現

KubeMQサーバー

全てのメッセージパターンに対応し、スケーラブル、軽量、安全な大規模企業向けメッセージブローカー、メッセージキュー、メッセージストリーミングのパッケージ

KubeMQターゲット

外部システムとクラウド・サービスをKubeMQ サーバーに接続することで、メッセージ・ベースのマイクロサービスを最小限の開発で構築可能

KubeMQブリッジ

世界中のシングルネットワーク上で稼働する真のクラウドネイティブメッセージを構築
場所を問わずKubeMQクラスタ間でブリッジ、リプリケート、アグリゲート、メッセージトランスフォームを実行

KubeMQコントロールセンター

KubeMQプラットフォームの管理、制御、監視を実行
定義済みGrafana/Prometheusダッシュボードと強化されたCLIツールを利用可能

KubeMQソース

外部システムとクラウドサービスデータをKubeMQへと変形
既存のメッセージキューを使用しシステムをインテグレーションすることも可能

KubeMQタスク

メッセージベースのタスクワークフローを編成

すべてのディプロイ間で通信可能

クラウド環境、オンプレミス、エッジ間をブリッジ、Kubernetesクラスタを複製
KubeMQプラットフォームはクラスタ内にクラウドウェブと外部サービスが混在したマイクロサービスに迅速に接続するための豊富なコネクターのセットを提供

ディプロイ環境への柔軟な接続と選択

KubeMQプラットフォームは全てのKubernetes環境にディプロイ可能
複数メッセージシステムを管理するコストを削減
ベンダーフリーでの稼働管理を達成可能

KubeMQは無料でダウンロード試用を行っていただけます。
サポートフリーであれば無償で商用使用も可能です。
以下のサイトからご登録ください。